確認すべき婚約指輪の基礎知識

婚約指輪でおさえておくべきポイント

一生大切に使い続ける婚約指輪は、ファッションリングと比較すると非常に高い価格設定となっています。そして上質なものを正しく選択するためにはある程度の知識が必要です。まず最初に婚約指輪を選ぶ際に長く身に着けることを念頭に置いてデザインを決める必要があります。購入する年齢に合ったデザインや好みのものにとらわれすぎてしまうと、将来身に着けにくくなってしまう恐れが出てきます。好みのデザインを程よく取り入れた控えめなデザインを選ぶことで年齢に左右されることなく身に着けることが可能です。また婚約指輪を購入する際には日付や記念日、イニシャルなどを刻み込むことができます。あまりにも長いメッセージはリング枠に入りきらないものの、短いメッセージであれば指輪に想いを込めることができるため予め刻印する文字を決めておく必要があります。

ダイヤモンドの品質基準とは

多くの婚約指輪にはダイヤモンドが用いられており、ダイヤモンドの品質基準についての知識を得ることが重要です。ダイヤモンドはカラット、カラー、クラリティ、カットの4つの要素で評価されています。カラットとは重さを意味しており、1ctが0.2gです。一般的に大きくなればなる程価格が高くなります。そしてわずかに持つ色味をカラーで示し、無色透明のものが高い品質とされています。またクラリティは透明度を表していて、インクルージョンやキズなどが少ないもの程希少価値が高く、美しい輝きを放っているのが特徴です。最後にカットはダイヤモンドが美しい光を放つための最大の要素です。カットのプロポ―ションや角度がダイヤモンドの美しさに大きく影響します。

プロポーズとは、お付き合いしている女性に対して結婚を申し込む行為であります。場所としては夜景を見ながらや、家の中等、挙げられます。これは、二人にとって一生の思い出になります。