意外と知られていない?婚約指輪と結婚指輪の違い

プロポーズの時に渡される指輪って?

「プロポーズ」は、する方もされる方もドキドキして、一生思い出に残るような人生の一大イベントですよね。 よくテレビドラマなどで、パカっと指輪のケースをあけて、男性が「結婚してください!」と言うシーンなど見かけますが、正にその差し出した指輪が一般的に婚約指輪と位置付けられるものです。 もともと婚約指輪というのは、古代ローマ時代に約束の印という意味で鉄の輪を指にはめた事が始まりだと言われる様に、結婚の約束をした印に男性から女性に贈られるものです。贈られた女性は、結婚を約束した男性がいる印として、婚約期間中身に着けて過ごすというのが一般的ですが、大切な記念の品物として普段は大事に保管しておき、女子会やパーティーなど行事に出席する時だけ身に着けるという方もいます。 デザインも華やかに大きな宝石のついたものであったり、ハートのモチーフが飾られたものであったり、女性好みのものが一般的です。

結婚指輪はどんな意味があるの?

婚約指輪が男性から女性に贈るものというのに対し、結婚指輪は変わって男性と女性とがペアで持つペアリングの事になります。 結婚する二人が、お互いの愛を誓いあう印として、お互いに同じ指輪を同じ指に着けあうものです。起源については婚約指輪と同じ、古代ローマ時代の約束の印から来ているものです。ただし、お互いに約束の印を贈り、お互いに贈られたものを身に付け約束を守りあうという所が婚約指輪のもつ意味とは大きな違いがあります。 男性も身に着けるうえに女性も普段日常的に身に着ける指輪になるので、デザインも婚約指輪とは違いシンプルなものが一般的です。 ただし、結婚後にサイズが変わってしまったり、職業上の都合などでずっと身に着けていられないという場合もありますので、常に身に着けていないから今後約束を守らないという事になるわけではありませんので、あくまでも約束の印を贈りあうといった意味が大きいのでしょうね。

婚約指輪を大阪で購入したいなら、複数の店舗を見比べることが重要です。婚約指輪を取り扱っている店舗はとても多いので、選択肢が豊富です。